男が作る昼ごはん 編

 

vol.139(2017年3月)

牛丼

お昼の定番、牛丼。家で簡単に作れますよ。
かつおのおだしが味に深みと香りを加えます。少量なので、かつおパックでとる簡単おだしでOK.。
お味噌汁などのおだしを少し取り分けてもいいですね。
卵は丼に盛り付けたあと、中央に少し穴をあけるようにして落としても。
春なのでわけぎで香りを楽しみましたが、普通のねぎでももちろんおいしいです。

材料(1人分)
牛こま切れ肉……60〜80g
しょうが……スライス2〜3枚分
新玉ねぎ……1/2個
わけぎ……1/2本
卵……1個
パックのかつお節……1/2パック(約1〜1.5g)
A(しょうゆ 大さじ1、みりん 大さじ1、砂糖 大さじ1)
ごはん……丼1杯分

作り方
1.熱湯大さじ3にかつお節を入れて茶こしでこしておく。(簡単おだし)
2.しょうがはせん切り、玉ねぎは薄切りにする。
3.わけぎは斜め切りにする。
4.小さいめのフライパンに1のだしとA、2を入れる。牛肉を広げて加え、中火にかける。時々ゆすりながら煮る。
5.肉の色が変わったら中央に卵を入れ、3をのせる。
6.丼に温かいご飯を盛り、4をすべらすようにのせる。好みで七味をふる。

過去の「男が作る昼ごはん」コーナーも見てね!