男が作る昼ごはん 編

 

vol.128(2016年4月)

筍とお揚げさんのあんかけ丼

今月より「男の料理」をテーマにレシピをご紹介していくことにしました。
まずは、簡単に作れて、一皿で満足の昼ごはんから。
料理はあまりしない、という男性も、ぜひ包丁を握ってみてくださいね。
ちょっとしたコツでおいしいごはんができたら、ご自分も周りの人もきっと幸せな気分になりますよ。

今回は旬の筍を使った丼です。
難しそうに見えて、おいしいおだしさえとれれば実は簡単なので、ぜひ作ってみてください。
見た目も完成度を左右するので、ここはちょっと丁寧に盛り付けてみてください。
旬の食材を味わうのも、料理の楽しさのひとつです。

材料(2人分)
筍水煮……1/2本分(40〜50gくらい)
油揚げ……1/2枚
せり(あればでOK)……適量
ごはん……適量
A(だし汁……300cc 薄口しょうゆ……大さじ1 みりん……大さじ1 片栗粉……大さじ1)
※だし汁の材料
昆布……3cm各
さば、いわしの混合削り節…6〜7g  または、かつおパック1袋(約3g)

おだしの簡単なとり方はこちらを。

作り方
1.筍は薄切りにしたあと、細切りにする。
2.鍋に湯を沸かし、油揚げをさっとくぐらせる。(油抜き、といいます)
3.Aを別の鍋(または、2を洗って)に入れ、片栗粉が沈殿しないようにまんべんなく底からかき混ぜながら中火で加熱する。
4.3にとろみがつきはじめたら、弱火にして、沸騰してツヤが出たら1と2を加える。
5.器にごはんをよそい、4をかけてせりを添える。

過去の「男が作る昼ごはん」コーナーも見てね!