男が作る 昼ごはんレシピ

 

vol.5(2012.10月)

料理を始めてみたいという男性へ。
ご自分のために、家族のために。休日のお昼ごはんから始めてみませんか?
脂の少ないささ身を使ったヘルシーな親子丼です。
フライパン1つの簡単メニューですが、インスタントではなくかつお節のおだしが
おいしさの決め手です。
ささ身は鶏もも肉と比べると切りやすいので、料理初心者さんにおすすめです。
もも肉を使うと、ささ身とは一味違うコクのある親子丼になるので、
こちらもためしてみてください。
今回は九条ねぎを使いましたが、玉ねぎでもおいしいですよ。

レリッシュ 森かおる


あっさり親子丼

材料(1人分)
鶏ささ身…1本
九条ねぎ(青ねぎ)…1本
かつお節…3〜5g(1パック)
A(しょうゆ、みりん、砂糖…各大さじ1)
ごはん…丼1杯分
黒ごま…少々
粉山椒…少々
作り方
1.ささ身は白い筋を包丁の背を使ってしごき取る。



2.1を斜めに小さく切る



3.ねぎは白い部分を斜めに切り、上の方の青い部分は太目の斜めに切る。
4.水100ccを小さなフライパンに入れて加熱し、沸騰したらかつお節を加える。少し煮立たせたら、網(天かす用やアク取りなど)でかつお節をすくい取る。
5.4のフライパンにAを加えて2のささ身、3のねぎの白い部分を入れて煮る。



6.小さいボウル等に卵を軽く溶いておく。



7.5のささ身に火が通ったら、6の卵を一気に流し込み、フライパンをゆすりながら強火で加熱する。



8.卵が半熟になったら、3のねぎの青い部分を加えて火を止める。



9.丼のごはんにかける。仕上げに黒ごまと粉山椒(好みで七味でも)をふる。

POINT
卵を溶くときは白身と黄身を混ぜ過ぎないで。
卵をフライパンに入れたら箸などで混ぜずに、フライパンをゆすりながら強火で
加熱します。
半熟になったらすぐ火を止めて


料理が楽しくなるこつ

お気に入りの道具で(4)

おすすめ道具「鉄の小さなフライパン」

丼専用の鍋がなくても、小さいフライパンがあれば大丈夫。 直径16pほどのミニフライパンは本当に重宝します。 朝ごはんの卵やウインナーやおつまみ作りから、一人分のちょっとした揚げものまで。 鉄のフライパンは、だんだんはがれてきてしまうフッ素加工のものと違って、一生もの。 洗剤は使わず、お湯とたわしで洗ってコンロで乾かします。 レリッシュの料理教室でもずっと愛用しています。