男が作る 昼ごはんレシピ

 

vol.11(2013.4月)

料理を始めてみたいという男性へ。
ご自分のために、家族のために。休日のお昼ごはんから始めてみませんか?

春の家ランチにちょっぴりおしゃれなメニューはいかが?
旬の筍でつくるクリームパスタです。
ホワイトソースは電子レンジで作ります。お鍋と比べると焦げて茶色くなることもなく簡単です。
旬の筍のほか、好みの食材でいろいろ試してみてください。

レリッシュ 森かおる


筍のクリームパスタ

材料(1人分)
筍(水煮)…60g
ベーコン…1枚
スパゲッティ…80g
小麦粉…大さじ1
バター…10g
牛乳…100cc
オリーブオイル…適量
パルメザンチーズ(粉チーズ)…適量
木の芽…あれば数枚
塩、コショウ…各少々
作り方
1.筍はくし型に切る。先端のやわらかい部分(姫皮)は手で小さくさく。
ベーコンは細切りにする。※パスタのお湯を沸かし始める。





2.耐熱ボウルに小麦粉とバターを入れて、電子レンジでラップはなしで30〜40秒ほどバターが溶けるまで加熱する。



3.2を泡立て器でペースト状になるように混ぜ、牛乳を加えてさらによく混ぜる。 。



4.3を電子レンジでさらに30〜40秒、とろみがつくまで加熱して混ぜ、ホワイトソースを作る。



5.4のボウルに筍を加え、塩・コショウする。



6.フライパンでベーコンを炒める。(油は不要)


7.パスタは表示通りゆで、オリーブ油小さじ1/2ほどをまぶしておく。
8.5のボウルにパスタを加えて和え、器に盛り付ける。
9.8にベーコンをちらして木の芽を飾る。仕上げにオリーブオイルをかける。



POINT
パスタはゆでたてが命。下ごしらえをしている間にお湯を沸かしておきましょう。
電子レンジはワット数によって加熱時間が違います。1回目の加熱はバターが溶けるまで、2回目はとろみがつくまで、様子を見ながら加熱してください。
加熱時間が長くてホワイトソースが固くなってしまったら、牛乳でのばせば大丈夫です。
パスタは真ん中が高くなるようにていねいに盛り付ければ、完成度アップ!



料理が楽しくなるこつ

旬を味わう

季節の食材との出会いは、料理の楽しみのひとつ。
スーパーの野菜売り場はすっかり季節感がなくなってしまいましたが、
そんな中から旬の食材を選ぶのは、楽しいものですよ。
春の食材・筍の水煮も年中手に入りますが、旬の時期にはお店で水煮にしたものが売られていたりします。ぜひ料理で季節を感じてください。