男が作る 昼ごはんレシピ

 

vol.12(2013.5月)

料理を始めてみたいという男性へ。
ご自分のために、家族のために。休日のお昼ごはんから始めてみませんか?

気温が上がってくると、さっぱりしたものが食べたくなりますね。
今回は、おすしです。
すし飯なんて、ハードル高そう……そんな心配は御無用です。
身近な道具や材料で「あれ?」というくらい簡単にできてしまいますよ。
いろいろな具材を混ぜたりのせたり、楽しんでください。

レリッシュ 森かおる


海鮮ちらしずし

材料(3人分くらい)
米…2合
すし酢(酢…大さじ4 上白糖…大さじ4 塩…小さじ1)
ちくわ1本…1本
きゅうり…1本
白ごま…適量
好みの刺身盛り合わせ…適量
わさび…適量
しょうゆ…適量
作り方
1.すし酢の調味料を砂糖が溶けるまでよく混ぜておく。



2.米は普通に炊く。
3.炊きたてのごはんをバットかボウル等にあけ、こんもりと山状にして、上からすし酢をかける。しゃもじで切るように混ぜ、うちわで仰ぎ、すし飯をつくる。





4.ちくわは縦4等分に切ったあと、あらみじんに切る。





5.きゅうりは薄切りにして、さっと水にくぐらせてアクをとる。軽く塩(分量外)をふり、しんなりしたら両手でしっかり絞って水気をきる。





6.3のすし飯に4とごまと5を混ぜ込む。



7.器に大葉(あれば)をしき、6を盛り、刺身をバランスよくのせてわさびとしょうゆを添える。

POINT
ごはんは炊きたてでなくても大丈夫です。冷やごはんの場合は、レンジでアツアツにしたところにすし酢をかけてください。
すし飯はごはんが熱いうちにかけます。湯気が出ている間にすし酢をかけることで、酸味がほどよく飛んでまろやかなおいしいすし飯になります。
さじで酢などの液体を計量する場合は、表面張力でぷくっとなる量で計量してください。



料理が楽しくなるこつ

おいしい酢

スーパーの酢の売り場に行くと、いろんなお酢が並んでいると思います。
ふだんの料理用の酢は「米酢」の表示があるものをおすすめします。
小麦やコーン等から作られた「穀物酢」よりも、まろかやかでやさしい酸味なので、すし酢や酢のもの、ドレッシングに向きます。
レリッシュでは、京都の「千鳥酢」を愛用しています。