男が作る 昼ごはんレシピ

 

vol.21(2014.2月)

料理を始めてみたいという男性へ。
ご自分のために、家族のために。休日のお昼ごはんから始めてみませんか?

ちょっと贅沢にカニをたっぷり使った丼です。

カニときのこのうま味と卵のやさしい味。

ごま油をかけて中華風味に仕上げました。

レリッシュ 森かおる


中華風カニ玉丼

材料(1人分)
カニ身…40g
まいたけ…1/4パック(20g)
九条ねぎ…1/2本
卵…1個
スープ(鶏がらスープの素…小さじ1/4、水…150cc)
うす口しょうゆ…小さじ1
片栗粉…大さじ1/2
しょうが(すりおろす)…少々
ごはん…適量
コショウ…少々
ごま油…少々
作り方
1.まいたけは手でほぐす。ねぎは斜めに切る。





2.カニ身はほぐす。



3.卵はしっかり溶く。

4.鍋にスープ、うす口しょうゆを入れて中火にかける。

5.まいたけを加えて蓋をして、ひと煮立ちしたら火を止める。



6.再び火をつけ、3の卵をまわし入れて蓋をする。



7.卵が固まり始めたらカニを加える。



8・片栗粉を同量の水で溶き(=水溶き片栗粉)、7の鍋をかきまぜながらまわし入れる。とろみがついたら火を止め、ねぎを加える。



9.丼に温かいごはんを入れて8をかけ、コショウとごま油で香りをつける。おろししょうがをのせる。




POINT
カニ身は缶詰でもかまいません。
卵は菜箸で白身を切るようにしてしっかり溶きます。
水溶き片栗粉を入れる時は、片栗粉のほうではなく、鍋の中身のほうを混ぜながら加えるのが、ダマにならないコツです。



料理が楽しくなるこつ

お気に入りの道具で

柳宗理の片手鍋
おだしをとる、お味噌汁、うどんやラーメン、野菜をゆでる……。
一番出番が多いサイズのお鍋。
柳宗理デザインのこの鍋は、左右両方に注ぎ口がついています。ピタッと気持ちよく水が切れます。
蓋や取っ手も使いやすさを考え抜いたかたち。レリッシュでもお取り扱いしています。
毎日使うものは、ぜひ長持ちするものを選んでくださいね。

18cm 6300円 (IH対応の製品は10500円)